ホーム > ブログ

2月, 2024年

ブリッジの治療費はどのくらいかかる?保険は使える? [2024年02月16日]

歯を失ったときの治療法として、主にブリッジ、インプラント、入れ歯があります。
それぞれに特徴があり、歯を失った箇所や本数、治療費の予算などにより治療法を選択していくことになります。

歯の治療で特に気になることのひとつに「治療費」があげられると思います。
「歯の治療は保険がきかないから高い」そのようなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

今回はブリッジ治療の相場や、保険は適用されるのかなど、ブリッジの治療費について紹介しますので、ブリッジや他の治療の選択にお役立てください。

歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの治療法は主に3つです。それぞれの特徴について解説します。

ブリッジ

ブリッジは失った歯の両隣りの歯を土台にし、橋をかけるようにして連結した人工歯を装着する治療法です。

失った歯の本数が1~2本程度と少ないときに使われます。

土台となる歯を削らなければならないのがデメリットですが、人工歯は様々な素材から選ぶことができ、素材によってはブリッジと気付かれることはないくらい見た目も自然です。

インプラント

インプラントは歯を失った箇所に人工の根っこを埋め込み、そこに人工歯を装着します。
歯を削る必要はありませんが、根っこを歯ぐきに埋め込むため、外科的手術が必要になります。

見た目も使い心地も天然の歯と変わりないくらい自然で、他の治療法に比べ長持ちする点がメリットでしょう。

入れ歯

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。
失った歯の本数が少ないときは部分入れ歯、歯が1本もないときは総入れ歯になります。

取り外しができるため、クリーニングやメンテナンスがしやすいですが、意図しないところで外れてしまったり、隙間に食べかすなどが詰まると痛みがでる場合があります。

ブリッジの治療費について

まずは、ブリッジの治療費について解説していきます。ブリッジの治療費は保険診療と自費診療で違いがあります。

保険適用

奥歯の場合、金属を使用した保険適用のブリッジを使用することが多いでしょう。金属に白い素材で被せ物をしないものだと、治療費は税込みで1万円程度です。
金属のため強度があり壊れにくいといったメリットがありますが、大きく口を開けたときに目立ってしまったり、金属アレルギーを発症したりといったリスクがあります。

また、前歯の治療では審美性も重要です。保険適用のものであれば、表面は白い素材を貼り付け、裏側が金属のものを使用します。治療費は約2万円になります。安価で白い歯にできるメリットはありますが、劣化しやすく、白い部分が欠けたり割れたりしやすいデメリットがあります。

前述の治療費はあくまでブリッジ本体だけの金額になりますので、その他に初診料や再診料、検査料、型取り費用、調整料などは別途かかるので注意しましょう。

また、ブリッジ治療の前にむし歯や歯周病があればそちらの治療が先になる場合もありますので、その場合はもちろんその治療費もかかります。

自費診療

自費診療のブリッジは、使用する素材によって治療費が変わります。

前歯なら見た目がきれいなセラミック、奥歯なら強度のあるジルコニアなど、歯を失った箇所や何を重視するかで素材を選択します。

セラミックは3本分で約25~40万円前後、ジルコニアは3本分で30~50万円前後が相場です。

保険適用のブリッジに比べると、見た目が自然できれいですし長持ちしますが、自費診療は歯科医院によって治療費にバラつきがあるので注意しましょう。

インプラントや差し歯の治療費について

歯を失ったときの治療法として、ブリッジの他にインプラントと入れ歯があります。それぞれメリットデメリットがありますが、治療費についてはどうでしょうか。

インプラント

インプラントは見た目や使用感で優れており、長持ちするなどメリットも多く、天然の歯と同じように使用できますが、全て自費診療になります。

そのため、治療費は他の2つの方法に比べ高額になり、1本30~50万円が相場です。

また、自費診療のため歯科医院ごとに治療費が設定されており、設備やインプラントの素材などによって治療費に差があります。

外科的手術をするため持病により治療を受けられない場合もあること、噛めるようになるまでは早くても3ヶ月ほどかかるのがデメリットと言えるでしょう。

基本的には自費診療ですが、稀に保険が適用されるケースがありますので、詳しくは歯科医院に確認しましょう。

入れ歯

入れ歯は保険適用のものと自費診療のものがあります。

保険適用のものは、部分入れ歯で5,000~14,000円前後、総入れ歯で1~2万円前後が相場です。

自費診療のものは、部分入れ歯で1本15~50万円、総入れ歯で20~200万円とかなり高額な相場になります。

自費診療の場合、素材や歯科医院での料金設定により治療費に幅がでてきますので、費用についてもよく調べてから治療を受けると安心です。

まとめ

いかがでしたか。今回はブリッジの治療費について紹介しました。

使用する素材や保険適用か自費診療かで治療費が大きく変わってきます。治療費だけでなく、それぞの治療にはメリットとデメリットがありますので、治療法を決める際はドクターとしっかり相談しましょう。

4月の矯正無料相談日のお知らせ [2024年02月15日]

西荻窪の善福寺歯科クリニックです。

4月の矯正無料相談は、4月27日(土)となります。

みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

ご予約はこちらから