ホーム > ブログ

ブログ

セラミック治療が向かない人はいますか? [2018年04月01日]

「桃井第四小前」で下車後、徒歩1分にある西荻窪の善福寺歯科クリニックです。今回は「セラミック治療が向かない人はいますか?」についてご説明します。

セラミック治療は保険治療よりも優れている!

セラミック治療は保険内治療である銀歯よりも機能面も審美面も優れた治療になります。これまでのセラミック治療に関する内容にもあるように、次のようなメリットがセラミック治療にはあります。

・見た目が天然歯と変わりない
・二次虫歯になりにくい

<金属イオンによる弊害が起こらない>
・金属アレルギー
・メタルタトゥー
・ガルバニー電流

そのため、セラミック治療は金属アレルギーのある方にもカリエスリスクの高くなる高齢者の方にも向いている治療だと言えます。

歯の健康寿命の事を考えると、保険よりもセラミック治療を選択する方が長期的にみて良い治療だと言えます。

口内環境や歯の状態によってはセラミック治療をおすすめできないことも

セラミック治療は保険内治療よりも治療費が高額になってしまいます。そのため、歯の土台となる歯茎の状態が悪く、動揺度の大きな歯に対する治療や、歯の寿命が短いとわかっている歯に対しては、セラミック治療をおすすめしないこともあります。

せっかくの良い治療であっても、歯周病がひどく、寿命の短い歯に対してセラミック治療を行っても意味がありません。この場合は、保険内の治療で経過観察していった方が、患者さまに負担をかけずに済みます。

歯周病の方は、まずは歯周病治療を受けて土台を整えてからセラミック治療に入った方が良いでしょう。

︎セラミックは天然歯よりも硬い?!

セラミック治療には素材に幾つか種類があり、素材によっては天然歯よりも硬い材質もあります。

セラミック治療の材質の中で、ジルコニアは人工ダイアモンドとしても知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分になります。そのため、強度が大変強く、奥歯等の使用に向いている材質となります。

ですが、患者さまの噛み合わせが悪かったりすると対合の歯に傷をつけたり、擦り減ってしまう可能性があります。

︎噛む力が強い人だとセラミックが割れる

通常歯を食いしばった時、人は自身の体重と同じ程度の負荷が奥歯にかかっていると言われています。ですが、ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばり)をする方は、奥歯にご自身の体重の2倍の力が加わっていると言われています。
ブラキシズムは、睡眠中や無意識のうちに行われます。

・ブラキシズムの方の特徴
・頬の内側に白い歯跡がついている
・歯の溝がなくなり、歯が摩耗している
・顎の骨が角ばっている
・歯の先端がギザギザしており
・下の歯茎の骨が出っ張っている
・知覚過敏がある
・口を大きく開けると音がなる

これらの特徴がある方やご家族の方に睡眠中に歯ぎしりや食いしばりの指摘をされた方は要注意です。どうしても負荷がかかりやすいため、セラミックが割れてしまったり、欠ける原因となります。

また、普段からPCやスマホを使用している際に歯と歯がかみ合っている人やガムをよく食べる習慣がある方も注意が必要です。

人はリラックスしている最中は、上の歯と下の歯が数ミリ隙間が空いている状態になります。(「安静空隙」といいます)ですが、普段から緊張状態の続いている人や歯をかみ合わせる癖があるとそれだけ歯を酷使してしまい、歯にダメージを与えてしまいます。

ご自身が噛む力が強いと思う方や安静空隙ができていないと感じた方は、意識して歯と歯を合わせないようにしましょう。

一口腔単位での治療が必要

歯科治療は、歯1本1本治療を行っているわけではありません。患者さまの口腔内をきちんと審査・診断し、一口腔単位で噛み合わせのバランスを見ながら治療を行っております。

この一口腔単位での治療がおそろかになっていると、せっかく入れたセラミックもすぐに割れたり、欠けてしまう原因となります。まずは、きちんと歯の噛み合わせのバランスをとりながら、セラミック治療を取り入れるようにしましよう。

患者さまによっては、「保険治療はあの歯科医院で」「自費治療はあの歯科医院で」と使い分けをされている方もいらっしゃいますが、それだと毎回歯科医師が変わってしまうため、本来の「一口腔単位」での治療がおろそかになってしまいます。

まずは、きちんとご自身の「かかりつけ医」を決めてきちんと管理・治療してもらうようにしましょう。

当院の噛み合わせ治療

当院では、「顎が痛い」「口が開きにくい」といった顎関節症の噛み合わせ治療も行っております。

・ソフトレーザーを使用した温熱療法
・マウスピースを使用したスプリント療法

セラミック治療でより歯を長持ちさせるためには、一口腔単位で噛み合わせを一緒に整えながら治療を行った方が持ちも良くなります。長年使用した銀歯が摩耗して噛み込みすぎているのが原因で、噛み合わせが崩れていることもあります。

噛み合わせが悪い、大きく口を開けた時に音がなる等、何か症状がありましたら是非当院のセラミック治療と合わせて噛み合わせの治療を取り入れることをお勧めします。

まとめ

いかかがでしたか?最後に「セラミック治療が向かない人はいますか?」似ついてまとめます。

・セラミック治療は老若関係なく、おすすめの治療法
・ただし、噛み合わせや選択する材質によっては対合歯が傷つく場合もある
・歯周病のある方は、セラミック治療より、まずは歯周治療が優先
・噛む力が強い人だとセラミックが割れたり、欠ける原因になる
・そのため、一口腔単位で噛み合わせを整えながらの治療が必要

金属アレルギーの場合、セラミックに変えれば症状はなくなる? [2018年03月21日]

「桃井第四小前」で下車後、徒歩1分にある西荻窪の善福寺歯科クリニックです。今回は「金属アレルギーの場合、セラミックに変えれば症状はなくなる?」についてご説明します。

金属アレルギーでお悩みの方やアレルギー症状が出るのを予防したい方は、セラミック治療について本当に金属からセラミックへ変えるだけで症状がなくなるのか、きになるのではないでしょうか?

お口の中の金属が原因の金属アレルギーって?

お口の中の金属が原因でアレルギー反応を起こしているのに、意外にも症状が出る部分はお口の中とは限りません。多くの場合が、手足の湿疹やかゆみ、全身にわたって症状が発症します。そのため、金属アレルギーであることが発覚しても、なかなか歯科を訪れてお口のなかの金属を取り除く治療を行わないため、薬を塗っても一向に症状改善しないこともあります。

保険で使用される金属は、口内環境の変化(熱いものや冷たいもの、酸性の強いものの飲食など)で少量ずつ金属イオンが血流を通して全身に流れていきます。
そのため、口からは遠隔である手足に症状として発症してしまいます。アレルギー反応は長年の蓄積により突然発症してしまいます。普段貴金属を身につけることの多い女性の方が、金属アレルギーを発症しやすいのもこのためです。

主な症状:
・口内炎、口唇炎、口角炎
・扁平苔癬(へんぺいたいせん)
・味覚障害
・掌蹠嚢胞(しょうせきのうほう)
・湿疹、皮膚炎
・脱毛症

⚪︎アレルギー反応を起こす金属は?
保険治療での金属:金銀パラジウム合金、ニッケルクロム合金、アマルガム、銀合金
自費治療での金属:金合金、白金合金

アレルギー反応を示す金属には個人差があります。皮膚科や専門の大学病院などでパッチテストを行い、アレルゲンを特定して治療を行っていきます。

どのくらいでアレルギー治療が終わるの?

金属アレルギーであることがわかっても、お口の中のどの金属でアレルギー反応を起こしているのか特定しなくてはなりません。闇雲にお口の中の金属を除去しても、除去中に出る金属の削りカスで強いアレルギー反応を示し、より悪化してしまうケースもあります。
そのため、金属アレルギーになると長期にわたっての通院、歯科治療が必要となってしまいます。中には治療を始めても完治しない方もいらっしゃるようです。

「抗原を含有する修復物を口腔内より選択的に除去し,一定期間の経過観察を行いながら治癒傾向を見ます。(2,3カ月から1年程度)治癒の方向に進めば,慎重に材料選択を行いながら,再修復に進みます。

1991~1995年に東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科アレルギー外来を訪れた93人の患者さんのデータによれば,原因除去療法が終了して2月経っても,50%以上はあまり良くなりません。しかし,2年くらい経つと改善傾向がみられるのは58%と増えてきていますが,治らない人もいます。」(日本歯科医師会から引用)

金属アレルギーを発症させないことが大切!

金属アレルギーになってしまうと、アレルゲンの特定、金属から非金属への処置等多くの時間と費用がかかってしまいます。
できれば、アレルギー反応を示さないうちに、お口のなかの金属を増やさない努力が必要です。「金属アレルギーではないから大丈夫!」と考えている方も、もしかすると花粉症のようにいずれはご自身もアレルギー体質に変化してしまうことも考えられます。

金属の詰め物・被せ物を避けるのが将来アレルギー体質にならないためにも大切なことになります。

アレルギー反応を示さない歯科材料

非金属の材料を使用することで、金属アレルギーを発症するリスクを抑えることができます。また、金属アレルギーの治療でアレルゲンを取り除いた後もこれらの材料を用いて置き換えの治療を行っていきます。

⚪︎セラミック治療
自費の治療にはなりますが、金属を含まない陶器と同じ材質のため、金属アレルギーや金属による弊害を避けることができます。
裏側をジルコニアで補強すればより強度の高い被せ物になるため、噛み合わせの強い方にも使用することができます。

また、二次虫歯になるリスクも軽減することができるので長期目線だととてもおすすめの治療法になります。

⚪︎レジン
保険でも使用することができるプラスチックの材料になります。大きな被せ物をしないといけない時には使用できませんが、小さな虫歯の際には使用することができます。

ただ、長年使用を続けるとプラスチックですので、色が変色したり、かぶせた箇所が浮いてくることもあります。

⚪︎生体親和性の高い金属
身体に馴染みやすく、金属イオンが流出するリスクの低い「金」や「チタン」といった金属で治療を行うことができます。

ただ、セラミック治療に比べて、金属のため審美的に問題が出てしまうので、「同じ金額を支払うのならセラミックを選択する」というのが今の主流になります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に「金属アレルギーの場合、セラミックに変えれば症状はなくなる?」についてまとめます。

・金属アレルギーを発症すると、約2年で半数の方が症状が改善される
・完全に症状が改善されるまでには、長期間の治療と費用がかかってしまう
・アレルギーを発症する前から、できるだけお口の中に金属物を増やさないのがベスト

セラミック治療にはどのような種類があるの? [2018年02月03日]

「桃井第四小前」で下車後、徒歩1分にある西荻窪の善福寺歯科クリニックです。今回は「セラミック治療の種類」についてご説明します。

「セラミック治療」と一言に言っても、様々な種類があります。それぞれのセラミック治療のメリット、デメリットを知ってどの種類を選択するかの判断材料にしてください。

オールセラミック
全てをセラミック(陶器)で作られたものになります。

・オールセラミックのメリット
全てセラミックで作成しているため、透明度が高く、天然歯と見分けがつかないくらい自然な仕上がりになります。
金属を一切使用しないため、生体親和性に優れ、「金属アレルギー」「メタルタトゥー」「ガルバニー電流」等の弊害が出ることがありません。

また、接着性が良く、汚れが付着しにくいため、「二次虫歯」を作りにくくなります。

・オールセラミックのデメリット
オールセラミックは陶器のため、強い負荷がかかると割れてしまうことがあります。割れたり、かけてしまうとセラミックを全て取り外し、一から型取り〜接着をしなくてはいけません。

もともと噛む力が強い方やご自身の歯が咬耗(歯同士の摩擦で歯の一部が消耗すること)している方には、オールセラミックが向かないこともあります。

メタルボンド

メタルボンドとは、内側に金属を焼き付けて作られたものになります。外から見える表面がセラミックでできているため、審美的に優れた被せ物に仕上がります。

・メタルボンドのメリット
内側が金属でできているため、強度が強く割れてしまう危険性がありません。負荷のかかりやすい奥歯や噛む力の強い方にオススメのセラミック治療になります。

・メタルボンドのデメリット
メタルボンドは金属が使用されており、歯の裏側から見ると金属部分が少しだけ見えるように作られています。保険の銀歯ほどではありませんが、歯や歯茎が黒く変色を起こしてしまうことがあります。この変色は「メタルタトゥー」と呼ばれ、レーザー等で取り除かなくては元の色に戻ることがありません。

 また、「金属アレルギー」を発症することもあるので注意が必要になります。
裏側が金属でできている分、オールセラミックと比較して透明度も低くなってしまい、少し灰色味のある白になります。

もちろん、歯科技工士がまわりの天然歯に合わせて色調を作成してくれる分、保険の硬質レジン前装冠と比較すると美しい仕上がりになります。

ハイブリッドセラミック

セラミックの粒子とコンポジットレジンの2つの材料を混ぜて作られたものになります。

・ハイブリッドセラミックのメリット
2つの材料を混ぜて作られているため、程よい強度があり、オールセラミックよりも欠ける心配が少なくなります。
オールセラミックほどではありませんが、透明性も高く色調も周りの歯に合わせて作成できるので、自然な仕上がりになります。

金属を含まないため、「金属アレルギー」「メタルタトゥー」「ガルバニー電流」等の心配もありません。

また、他のセラミック治療よりも費用を抑えることができます。

・ハイブリッドセラミックのデメリット
長期間使用を続けると色が変色してくることがあります。噛み合わせや治療部位によっては適応できないこともあります。

セラミック治療は虫歯の治療だけではない!

保険内の被せ物は、虫歯治療にのみ適応しますが、保険外であるセラミック治療は虫歯ではない歯に対しても治療として使用することができます。

・短期間での歯列矯正にも使用できる
通常の矯正治療であれば、矯正器具で歯を移動させる期間に1年半〜2年、リテーナーを使用して歯を固定する期間に1年程度、計3年程度は治療期間が必要になります。

ですが、セラミックを使用すれば「歯1本が傾いているのが気になる」「前歯が出ているのが気になる」等歯並びの一部を矯正したいという方は1〜2週間の短期間で歯並びを整えることができます。

ワイヤーなどの矯正装置を歯につけることもなく、被せ物ができるまでの期間も仮歯で綺麗に整えることができます。ご自身の理想の歯の形状、色をつくることができるので、就活や結婚式といった短期的な日程が決まっている方に適した治療法になります。

ファイバーコアを使うので、歯が折れる心配も少なくなる

神経を抜く治療を行った場合、コア(土台)を歯の内部に入れる処置が必要となります。
保険外治療であるセラミック治療は、コア治療も保険適応外になるため、ファイバーコアを使用することになります。その分費用も15000円程かかってしまいますが、金属でできたメタルコアと比較すると、素材がグラスファイバーでできているファイバーコアは適度な柔軟性があり、歯に力がかかった時に歯が折れてしまう危険性が少なくなります。歯が折れてしまうと、抜歯になってしまうので、歯の未来を考えるとファイバーコアを使用することは良い選択になります。
また、半透明の材質のため、被せ物をつけた時に色が透ける心配もありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、「セラミック治療の種類」についてまとめます。

・セラミック材質の種類
<オールセラミック>
 ・透明性が高く、自然な仕上がりになる。
 ・金属イオンによる弊害がない
 ・二次虫歯を作りにくい
 ・欠けたり割れたりする

<メタルボンド>
 ・内側が金属のため、強度が高い
 ・透明性が低い
 ・金属イオンの弊害がある

<ハイブリッドセラミック>
 ・金属イオンの弊害がない
 ・オールセラミックよりも欠ける心配が少ない
 ・長期間使用すると色が変色する

・セラミック治療は歯の一部矯正にも使用できる
⚫︎・ァイバーコアを使用するため、歯が折れる危険性が少なくなる

セラミック治療と保険治療の違い [2018年01月19日]

「桃井第四小前」で下車後、徒歩1分にある西荻窪の善福寺歯科クリニックです。今回は「セラミック治療と保険治療の違い」についてご説明します。

「セラミック治療」と聞くと、白いだけで高額な治療費がかかるというイメージではありませんか?
実は、セラミック治療と保険の銀歯では色や材質、金額以外にも様々な差があります。

虫歯になりにくい

保険治療の銀歯は、使用平均年数が「5〜10年」になります。銀歯は長期的に見た時に、「二次虫歯」になりやすい要素を多く含んだ治療と言えます。銀歯は保険治療にはなりますが、「ベストな治療」と言えるわけではないのです。

・セラミックは汚れがつきにくい
銀歯は製作する上で、目に見えない細かな傷があります。そのため、汚れが付着しやすく、二次虫歯や歯周病が進行しやすい口内環境になってしまいます。

セラミックは表面が滑沢なため、汚れがつきにくく、きちんとセルフケアを行っていれば綺麗な状態を長期的に保つことができます。

・「合着」と「接着」の違いがある
セラミックの被せ物を歯につける際は、「接着」を行っています。セメントが化学的に結合することで、歯と被せ物を「接着」します。

銀歯は、被せ物と歯の間にある凸凹にセメントが入り込んで硬化し、取れないように摩擦力で被せ物がかぶさっているだけで、きちんとくっついているわけではありません。

そのため、セメントは長年使用するにつれ溶け出し、被せ物と歯の間に隙間が生じやすくなります。ガムやお餅等といった粘着性の食べ物で、簡単に銀歯が外れてしまう原因はこのためと言えます。

金属イオンが溶け出さない

熱いものや冷たいもの、酸性の強い飲食等で、金銀パラジウム合金でできた銀歯は、日々の飲食で少しづつ金属イオンが溶け出してしまいます。そのため、お口の中であらゆる反応が起きています。セラミックは金属を使用していないため、下記にある症状を引き起こす心配がありません。

・ガルバニー電流が起きない
銀歯で、アルミ箔や金属を噛んでしまった時に「キーン」となった経験はないでしょうか。実はこの時微弱な電流がお口の中で発生しています。
この「ガルバニー電流」は、体調不良やめまい、頭痛といったあらゆる部分で全身に影響を与えていると考えられています。

・金属アレルギーにならない
セラミックは金属を使用していないため、アレルギーを起こす心配がありません。アレルギーは身体の許容量を超えた時に症状を発症します。今は金属アレルギーでなくても、お口の中に入っている銀歯は毎日の飲食で少しずつ溶け出し、身体の中に入り込んでいます。

・メタルタトゥーにならない
銀歯を長年使用し続けると、銀歯周囲の歯茎や歯の色が黒く色素沈着を起こします。これも金属イオンが流れ出ていることが原因になります。メタルタトゥーは歯科医院で除去処置を行わないとなおすことができません。

・経年劣化がない
銀歯は長年使用し続けると黒く変色してしまいます。オールセラミックはこの心配がなく、定期的なメンテナンスを行えば経年劣化することなく、ずっと白さを保ちながら使用することができます。

治療後の痛みが出にくい

まだ歯の神経が残っている状態で、銀歯をはめると虫歯治療したはずなのに冷たいものや熱いものでしみることがあります。銀歯は天然歯に比べると断然熱伝導しやすいため、少しの刺激で痛みが生じやすくなります。

生体親和性の高いセラミックと違い、銀歯は熱膨張係数も天然歯と違うので、飲食等で生じる温度差で銀歯と歯の間に隙間を生じて、二次虫歯の原因にもなります。

セラミック治療のデメリット

セラミック治療は保険の銀歯治療と比較して、あらゆる点で秀でていると言えます。ですが、セラミック治療にもデメリットはあります。

・割れたり欠けることがある
セラミックは陶材になります。お茶碗などの陶器が欠けたり割れたりするのと同じく、強い衝撃が加わると割れてしまいます。欠けてしまうとまた被せ物を取り外し、一から作り直さなくてはいけないため、歯ぎしりやくいしばりが強い方だと治療する箇所によってはおすすめできないことがあります。

・削る量が増える
割れたり欠けたりするデメリットを少なくするために、セラミックの厚みを出して被せ物を製作します。そのためにご自身の歯の切削量をある程度増やさないといけないため、場合によっては歯の神経を抜く必要性が出てくることもあります。

・治療費が高額
保険治療と比較してしまうとやはり治療費が高額になってしまいます。保険が約3000〜5000円程度で抑えられるのに対して、オールセラミック(大きな被せ物)は180000円程かかってしまいます。

そこには、材料費の他にも腕の良い歯科技工士に製作してもらうための費用がかかっています。歯科技工士は「保険」の技工物を主に担当する方と、「自費」の技工物を主に担当する方に分かれます。自費を中心に担当する技工士は、ベテランの方が担当するため、精密度も審美性にも優れた技工物を製作してくれます。その分、自費の技工物は治療費が高くなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、「セラミック治療と保険治療の違い」についてまとめます。

セラミック治療のメリット
・被せ物に汚れがつきにくい
・きちんと歯と被せ物が「接着」している
・金属イオンによる弊害がない
・生体親和性が良いため痛みが生じにくい

セラミック治療のデメリット
・欠けたり割れたりする
・歯の切削量が増える
・費用が高額

セラミック治療は確かに高額な自費治療になりますが、ただ見た目が綺麗な歯になるだけでなく、様々な点で保険の銀歯よりも優れています。身体全体の健康や今後何十年も共に過ごす歯のことを考えると、セラミック治療はとても良い治療だと言えます。